Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

米韓首脳会談見送りの可能性、米韓合同演習が尾を引く

トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、ホワイトハウスで会談した。ロイター通信によると、トランプ氏は冒頭、6月に予定される米朝首脳会談について、「会談が開催されれば素晴らしいものになるが、開催されなくても構わない」と述べ、会談見送りの可能性に言及した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の非核化を巡る姿勢については「真剣だが、米国が求める条件が満たされなければ会談は開かれない」とも述べた。

北朝鮮は会談中止を示唆するなど強硬姿勢を見せている。トランプ氏と文氏は米韓同盟の連携を確認。朝鮮半島の非核化の手法や、北朝鮮の体制保証などに関する「交渉戦略」について、突っ込んだ議論をするとみられる。

【この記事への反応】

なんだか勢いだけだで進めようとしてたかな。

南北会談なのに 世界発信だからと言っても 国賓扱いにおもてなし。まぁ判断出来ない子に沢山のお菓子でつろうとしていた様にも思える。

まあ、トランプ氏もだけど文氏も北朝鮮の意向を見失ってるのだろうね。これはもうダメかもね、会談は行われないと考えた方が自然かな?

トランプ大統領は文さんと違ってニコリともしてないね。トランプさんが文さんを良く思ってない事が伝わる。

牽制し合ってお互いに様子をみているんだけど。せっかくいい雰囲気がダメになりそう。


トランプさんの立場にも体裁があるからね。

 

それでも、北がある程度折れているチャンスを逃してしまうのはもったいない。

 

全部アメリカ側の条件を通そうとしたら、今度は金正恩が納得しないだろう。

北朝鮮に揺さぶりをかけているような感じにも見えます。

 

しかし、水面下では決裂することは既に織り込み済みで、その責任を誰にするか?を決めているのかもしれません。

 

当初韓国が描いていたような成功は、もうないのかもしれません。


図柄入りナンバープレート、地方版のデザインに「くまモン」など

国土交通省は5月22日、地方の風景や観光資源を図柄に取り入れた自動車用ナンバープレートを発表した。地域・観光振興が狙いで、国交省の募集に応じた全国41地域に導入する。交付は2018年10月ごろの予定。地域名表示を拡充し、17地域に“ご当地ナンバー”を追加することも決まった。

ナンバープレートの図柄は、各自治体が提案したデザインを基に決定。熊本ナンバー(熊本県全域)には熊本県のPRマスコット「くまモン」、福山ナンバー(広島県福山市)には広島東洋カープの球団マスコット「カープ坊や」を盛り込むなど、地域の人気キャラクターも取り入れている。

【この記事への反応】

これにするのに、いくら人件費かかって、どれくらい税金やらが投入されるん?

なにこの支払うのが当然みたいな表現。普通の無地ナンバーを希望する人がケチみたいじゃん。

こんなのいいんだったら、もう、軽の黄色ナンバーっていらないんじゃない。

ナンバーは見やすさが一番なのにこれでは何かあったときに番号が見えにくくなってしまう。

誰得なのか、本当にしょうもない。ナンバープレートは、事故したり、事件性の時にしっかり見えないと意味ないと思う。


犯行に使用された逃走車両は、ナンバーが覚えやすくなるからいいと思う。

 

でも、あまり特徴のない景観や動植物は各々の違いが分かりにくいと思う。

 

このデザインは何とかならないのか。

新しい車に買い替えたらオリンピックのナンバーにしようと思っていました。

 

ですが、想像していた以上に高価だったのでやめました。


日大悪質タックル事件、アメフトのイメージを著しく悪くする

スポーツの枠を超え、社会を揺るがす事件となってしまったのが、大学アメリカンフットボール、日本大学と関西学院大学の定期戦で日大側によって引き起こされた悪質タックル問題だ。

試合から2週間経った19日、日大の責任者である内田正人監督は関学大に出向いて首脳陣や被害を受けた選手らに謝罪。その後、会見に応じ監督辞任を表明したが、問題のプレーを選手に命じたかについては「文書で回答する」と明らかにしなかった。

【この記事への反応】

アメフトのイメージダウンと同時に日大のイメージダウン、関係の無い学生に気の毒でならない。ピンクネクタイの方の責任は大きい。

もし本当に指示していないなら、あの反則の直後に交代させてると思うし、慌ててその場で相手チームに謝りに行ってると思う。

今でさえこの体たらくだが、この事態が起きなければ日大トップは悪に染まったまま自浄作用も働かなかったかはず。

選手や関係者には申し訳ないが、今回のことで、これまで埋もれていた日大の膿がはからずも世の中に出てきて良かったと思う。

内田氏はアメフトの地位向上より自分の地位向上に熱心な方のようだから…。


今回のアメフト問題は、被害者と加害者という単純な問題ではなく、大学側の汚い部分が露呈してしまった。

 

謝罪も後手後手で責任の焦点もハッキリしないことから、監督辞任だけでは到底すまないと思う。

監督と選手という関係だけでなく、スポーツ推薦で入った生徒は絶対に逆らえないでしょう。

 

そういう心理を利用しての今回の問題は、アメフトに限らず様々なスポーツの水面下でそのようなことが起きているのではないかと考えさせられます。


ベルメゾンの商品説明が大喜利状態、遊び心のある試みに賛否両論

通信販売「ベルメゾン」のホームページが、ネット上で注目を集めています。話題になっているのは、商品そのものではなく、商品説明として添えられたひと言です。「強烈すぎる」「買い物が後回しになる」と話題のページはどのような経緯で生まれたのか? 担当者に話を聞きました。

開設した2017年6月ごろからです。SNS上で注目してもらえるような、「ベルメゾンがこんなことやってる」という話題性のある企画を目指すとともに、たくさんの商品の中ではなかなか探し当てられない商品も、何かの形で知ってもらえたらな、という気持ちもありました。

【この記事への反応】

商品説明より、商品に力入れて欲しい。

企画は面白いけど、調子乗ってると言ってはいけない言葉を発してしまう危険性も高い。 

インパクト大やし、何の事?と見入ってしまう。

長い目で見た時に集客に繋がるかっていうのはわからないけど、こうして記事になるくらい話題になったのだから成功だと思う!面白い。

面白いけど商品は高いし、モノはイマイチだし、似たようなものが市場で半額くらいだし、送料高いし、もう何年もベルメは使ってないわ。


投稿する人によりけりで、完成度が低いと親父ギャグみたいで寒くなる。

 

その加減が難しいところ。

以前はカタログを取り寄せて通販することがありましたが、スマホでポチポチして送料無料で商品を購入できるので時代遅れ感は否めません。


無印良品の「道の駅」、地元運営の良さを求める声も

無印良品が展開を始めた道の駅には一体、どんなものが売られているのか――。「無印良品」を展開する良品計画は千葉県鴨川市に道の駅「里のMUJIみんなみの里」を開いた。良品計画が同施設・鴨川市総合交流ターミナルの指定管理者となり、運営を始めたのだ。「あの無印がなぜ道の駅?」。そんな疑問を抱きつつ現地に向かうとそこには地域活性化の将来像を予感させる仕掛けがあった。

【この記事への反応】

マーケティングに長けた業者が農協の代役をつとめるだけでは?

道の駅は、地元に根ざした、いわゆる、じいちゃんばあちゃんの世界観がいい。

買いやすい値段なのかな???有楽町の無印の1階でも野菜が売られてるけど、そちらはなかなかのお値段。

無印というイメージで、ムダがなく安いみたいに思うがぜんぜん違う。何もいいことない。

農家の人が出すからいいのでは?無印色が強くなってヤダな。


無印の経営が上手くいくかどうかはわからないけど、それなりに経験とノウハウのある企業が運営している道の駅は細かい気配りもあって使いやすいね。

産直売場みたいな地域と連携した素朴な雰囲気が好きです。

 

華やかな観光地的に目立っているよりも、生産者の顔が見えてくるような商品を置いてほしい。