Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビートたけし&村上信五タッグの『FNS27時間テレビ』平均視聴率7.3% 歴代ワーストに

番組を作る上で全部を否定するようなことになってしまいますが、27時間も放送する必要があるのだろうか?と製作者に問いたい。水で薄めたような内容をだらだらと放送するのなら、2~3時間に凝縮した面白みのある番組にしてほしい。昔はなかったインターネットの普及などで、テレビを視聴する人間も大きく変化しています。そのことをまだ分かっていない上層部の影響がこのような失態を招くのではないでしょうか。日テレはジャニーズをゴリ押しする風潮がありますが、フジは同じような真似をしないでもらいたいです。特に、村上とたけしさんのトークの絡みは不快でした。村上の年長者を敬わない態度、コメントに中身もない薄っぺらな感じでチャンネルを他にしてしまいました。ツッコミもお笑い芸人ではないので三流以下です。ビートたけしさんの相方としては、所ジョージなどのそれなりの釣り合う大御所芸人を起用するべきだったと思います。若い世代を取り込むためにという工夫だったかもしれませんが、それにしてもひどくて視聴率が低いのも納得できます。

8日の午後6時30分から9日の午後9時54分まで放送された、フジテレビ系長編特別番組『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』の平均視聴率が7.3%だったことが10日、明らかになった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。昨年より内容を一新した際の8.5%、2016年に記録した歴代ワーストの7.7%を下回る結果となった。瞬間最高視聴率は9日午後6時56分に記録した15.4%で、コーナーは『サザエさん』だった。今回は「にほん人は何を食べてきたのか?」をテーマに据えて、昨年に引き続き総合司会はビートたけし、キャプテンは村上信五が担当。食のれきしサポーターに林修氏、食堂長にバカリズム、タビビトに上戸彩が起用され、テーマソングは関ジャニ∞の楽曲「今」だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする