Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベルメゾンの商品説明が大喜利状態、遊び心のある試みに賛否両論

通信販売「ベルメゾン」のホームページが、ネット上で注目を集めています。話題になっているのは、商品そのものではなく、商品説明として添えられたひと言です。「強烈すぎる」「買い物が後回しになる」と話題のページはどのような経緯で生まれたのか? 担当者に話を聞きました。

開設した2017年6月ごろからです。SNS上で注目してもらえるような、「ベルメゾンがこんなことやってる」という話題性のある企画を目指すとともに、たくさんの商品の中ではなかなか探し当てられない商品も、何かの形で知ってもらえたらな、という気持ちもありました。

【この記事への反応】

商品説明より、商品に力入れて欲しい。

企画は面白いけど、調子乗ってると言ってはいけない言葉を発してしまう危険性も高い。 

インパクト大やし、何の事?と見入ってしまう。

長い目で見た時に集客に繋がるかっていうのはわからないけど、こうして記事になるくらい話題になったのだから成功だと思う!面白い。

面白いけど商品は高いし、モノはイマイチだし、似たようなものが市場で半額くらいだし、送料高いし、もう何年もベルメは使ってないわ。


投稿する人によりけりで、完成度が低いと親父ギャグみたいで寒くなる。

その加減が難しいところ。

以前はカタログを取り寄せて通販することがありましたが、スマホでポチポチして送料無料で商品を購入できるので時代遅れ感は否めません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする