Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヤマトの「ノルマ地獄」、違法残業騒動後も根っこは改善されず

巧みな情報戦術で世間の同情を買い、改革は成功したかに見えた。だが、さらに高いノルマが課された現場は混乱に陥っています。内部資料と現場社員の証言から、その苛酷な労働実態が浮かび上がりました。

唯一、改善されたことがあるとすれば、「早く帰れるようになった」(ドライバー)ことだ。日時指定の最終便枠が1時間早くなったことで、「夜の配達分を委託業者に任せることが増えた」のだという。

【この記事への反応】

どこの会社も働き方改革で残業は激減、年収は落ちている。

表向きホワイト、実態はブラックのまま。最悪ですね。

労働時間は確かに減っているようだけど、基本給が激安だから給与下がりまくりで従業員の不満が爆発しそう。

業績は会社側が発表する予定通りに上がるんじゃないか?

働き方改革、現場をもっと見てほしい。


現場の負担を減らすためにも、再配達を削減することに注力するべきだと思う。

よっぽどのことがない限り、通販で必要なものってそこまで配送にスピードは必要なさそう。

当初に安い価格で仕事を請けてしまったことが今に至るまで問題を大きくさせてしまったようです。

経営判断の誤りなので、これ以上ドライバーに負担をかけないために大々的な改革をするべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする