Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長時間スマホで目の疲れ・頭痛・不眠、幅広い世代で深刻化

IT眼症とは、至近距離でIT機器の明るい液晶画面を長時間凝視することで、目の疲れや頭痛、首や肩のこり、不眠などの症状が出ること。イライラなど心身のストレスを抱えることもある。

IT機器の画面の光源はLEDが主流で、目を刺激する「ブルーライト(青色光)」を発している。画面との距離が近いほど、夜間や暗い場所ほど影響が大きいとされる。スマホやタブレット端末は、パソコンに比べて画面が小さく、顔を近づけて見がちだ。

【この記事への反応】

ブルーライトの出ないように、開発をしてもらいたい。たしかに、寝る前にスマホをやり過ぎると、不眠症になるきがする。

PC関係じゃなかった人がPCの仕事をすると体の不調を訴える傾向があるように感じる。

電車に乗っているときに車内を見回すと7割くらいがスマホいじってて、電車から向かいの駅のホームを見てもスマホをいじっている人が大半。

スマホが生活の1部となり、ついLINEだのツイッターだのにのめり込み、結果気づくと長時間いじってたと。

ブルーライトヨコハマって歌があったね。


可能ならスマホの本体を開発するときに有害なブルーライトをカットする構造にしてもらいたい。

社会問題として対処しなくてはいけない問題だと思います。ギャンブルやお酒、タバコと同じように依存症になる方も多いからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする