Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

島内潜伏と思われた脱走犯、泳いで海を渡っていた

愛媛県今治市の刑務所を脱走した受刑者の男が先月30日、潜伏先とみられていた広島県尾道市の向島から約70キロ離れた広島市内で逮捕された。

先月30日午前11時半ごろ、JR広島駅付近のネットカフェから、「平尾容疑者に似た男がいる」との通報を受け、駆けつけた警察官が近くの路上で平尾容疑者を発見し、逮捕した。

警察の調べに平尾容疑者は、「刑務所での人間関係が嫌になった」「泳いで本州に渡った」と供述しているほか、「空き家に潜伏していた。空き家などにあった食べ物を食べていた」とも話しているという。

【この記事への反応】

広島とかの人目の多い繁華街じゃなくて、もっと寂れた山中の街を流れ歩いてたら、永遠に見つからなかったかもね。

何の意味も無かった事を、今になって本人も気付いたのではないかな。こんなに注目されたら、逃亡生活は疲れるだけだと。

空き家に食料が有るとは思えないし、まだまだ信用できないと思う

平尾メンバー逮捕。

あんなに警察がいたのに、こんなに逃げ通せたものだ。


どれくらい刑期が延びるか分からないけど、当分出てこれなくなるんじゃないかな。模範囚だったのにもったいないことしたね。

捜査関係者の皆様、お疲れ様でした。近隣に住んでいる方々も、これで落ち着いて寝ることができますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする