Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最盛期100店舗から今は10店舗?衰退した「東京チカラめし」

「東京チカラめし」を覚えているだろうか。2011年以降急速に店舗数を増やし、一時は既存の大手牛丼チェーンを脅かすほどの勢いがあった。

しかし、急拡大の一方で“負ける”のも早かった。12年9月には店舗数が100店を超えたが、現在は都内を中心に10店舗程度を運営するにとどまる。

「店舗の急拡大にオペレーションが追い付かなかった」「店舗の清掃が行き届いていなかった」などと指摘されている。

【この記事への反応】

当時はステマ牛丼とまで揶揄されるほど不自然にあちこちで取り上げられてましたよね。

三光マーケティングフーズの社長を特集した番組見たが、完全にワンマン俺様絶対主義に見えた。一回も店に行ったことがないが、絶対に行くのよそうと思った。

単純にマズかった。よくこんなゴハン出せるなと思った。

店の入口に国産米を使っていると書いてあったがカウンターからみた米袋を見ると中国産とのブレンドだった。

数年前にちからめしに初めて行きました。できたての店舗なのにまるで活気がなく、テーブルすら拭いていない?と疑うほど。


店内の汚さとサービスの雑さが目立つ感じだった。味も大事だけど、飲食で一番大切にしなきゃならない部分がないがしろにされている気がした。

「焼き牛丼」という発想は素晴らしかったですが、急成長で店舗を増やしていく中で店員の教育が行き届いていなかったんじゃないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする