Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

てるみくらぶ元社長が間違いありませんと起訴内容を認める

銀行から計5億円超の融資金をだまし取ったなどとして詐欺罪などに問われた、格安旅行会社てるみくらぶ(破産手続き中)の元社長山田千賀子(67)と元経理担当者笹井利幸(37)両被告の初公判が25日、東京地裁であった。

起訴状によると、両被告は2016年6~12月、自社の債務超過を決算書の粉飾で隠したり、航空機のチャーター代として偽造した航空会社の請求書を示したりして、三井住友銀行から融資金約3億9千万円を詐取。17年2月には東日本銀行からも融資金約1億5千万円をだまし取ったとされる。

【この記事への反応】

どうか重い刑をお願い致します。

年収3000万だからまだ隠し財産があると思う。

会社の破産は仕方ない。融資を騙したのも、まあちょっとは騙された銀行側にも責任はある。

現時点では本人のシナリオ通り。

小さくても頑張ってる旅行会社に対してずいぶん迷惑をかけたと思います。


問題になった規模や額だけに、起訴内容認めても実刑は堅いんじゃないかな…。

ツアーに参加した人たちは全員無事に帰ってこられたのか気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする