Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

強さの枠を超えて注目を浴びるヤムチャの人気になったきっかけとは?


今なお国民的マンガ・アニメであり続ける『ドラゴンボール』(作・鳥山明氏)だが、ここにきて再び注目を浴びているのがヤムチャだ。『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』なる公式スピンオフ漫画が発表されたり、栽培マンの自爆で死んだ場面がTシャツとして発売されたりと引く手数多。

ヤムチャはバトル系マンガにありがちな“強者のインフレ”に巻き込まれ、自分の力を過信して強い敵に挑んでは負けを繰り返すという、いわば“噛ませ犬”的なポジションにシフトさせられたと言えなくもない。実際、ヤムチャの戦績はトータルではかなり勝ち越しており、ドラゴンボールの世界では弱く見えてしまうかもしれないが、人間としては強いのだ。

【この記事への反応】

クリリンがメチャクチャ強くなっていくのに、もう少し強くて活躍して欲しかった。

ヤムチャをインフレさせなかった事に、逆に鳥山さんの愛情を感じますね。

ヤムチャの噛ませ犬っぷりは、ヤムチャの魅力の一つでもある。

ベジータの嫁の元カレとか凄いと思う。

こういったバトル漫画では必ず必要なポジション!


ドラゴンボールに初登場してから、まさかこんな扱いになるなんて昔は思わなかったなぁ。

それよりも亀仙人が強キャラになったことにびっくりですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする