Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

木村拓哉、PS4新作でゲーム初主演 そっくりキャラに「照れる」

表情に違和感を感じます。ドーランかファンデーションの塗りすぎで、ロウ人形みたいです。そろそろ50歳を目前にしているということで、アイドル路線から変更する時期が来たのではないかと思います。同年代の男性達と比べればまだまだ若いですが、それでも方向性を変えたほうが後々良いのではないでしょうか。40歳を超えて真っ黒に日焼けしている男性有名人をよく見ますが、肌にシミが出来たりたるみの原因にもなるので変に日焼けしすぎるのはやめたほうがいいと思います。最近はやたらとキムタク押しが目立っているような気がします。スマップが解散した穴を、彼一人に押し付けるのでしょうか。主役として華やかな役ばかり抜擢するのではなく、個性的な脇役など演技の幅を広げて欲しいです。

総監督・名越稔洋氏率いる「龍が如くスタジオ」が手がける本作は、調査アクションなどを駆使して物語を進めるリーガル・サスペンス。今年12月13日に発売予定。木村“そっくり”のビジュアルで登場する主人公・八神隆之は、元弁護士の探偵という役どころ。ゲーム内でキャラクターが着用していた衣装で、完成披露会に登場した木村は「ゲームのキャラクターに自分を寄せることを初めてやりました。非常にドキドキしております」と白い歯を見せた。


劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』高杉真宙、完成した映像を観て「鳥肌が凄かった」

実写が以前テレビで放映されていたので見ましたが、内容に引き込まれました。アニメ版も作画が丁寧に作りこまれていて興味を持ったので見に行く予定です。主人公が声優ではなく役者なせいか、少し浮いているような感じがしました。もう少しハッキリとした通る声質の方が良かったかもしれません。これを踏まえると、ゲストを起用するという行為は止めたほうがよさそうです。単純に悲しいや感動といった感想ではなく、がけっぷちにいながらもそれを見せないヒロインの気丈さに心を打たれます。正直、あからさまに泣いてくださいみたいなストーリーは好きじゃないのですが、ベストセラー小説として書籍やドラマ、アニメと幅を広げて人気のある作品の底力を感じました。物語の美しさを単純に楽しめます。

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の大ヒットを記念した舞台挨拶が9月8日、川崎チネチッタにて行われ、本作の主人公「僕」の声優を努めた高杉真宙をはじめ、Lynn、藤井ゆきよら豪華キャストと牛嶋新一郎監督、更にオープニングテーマ・劇中歌・主題歌を手がけたsumikaの片岡健太、荒井智之、黒田隼之介、小川貴之が登壇した。オープニングテーマの“ファンファーレ”について聞かれた片岡は「キミスイの楽曲の中で最初に作った曲で、曲から先に作ってほしいと牛嶋監督やスタッフさん達から言われてプレッシャーを感じました」と最初の印象を語り、「最終的に登場人物たちと同じ高校生の頃の感性を思い出しながら作った」とコメント。


大坂なおみがかわいそう 米メディア「全米テニスがしたことは恥ずべきこと」

試合をしたセリーナは文句を言う権利がありますが、試合に対しては選手としてキチンと向き合うべきだったでしょう。真の女王の振る舞いとは、そういう余裕が必要です。これまで一人の憧れの目標としていたセリーナのこんな姿を見せられて、大阪さんは一体どんな気持ちだったのか考えると胸が痛くなります。それでも感情に負けずに試合に集中して勝利した姿は心打ちました。ブーイングは大阪さんに向けられたのではなく、きっとセリーナに向けられてのことだったのだろうと理解しています。審判をバッシングしたり、大事なラケットを粗雑に扱う姿を目の前で見せられてたら、応援できなくなると思います。どんなことが起こったとしても、冷静に相手に対して真摯な姿勢で対応することが大事だと実感させられました。

圧倒的アウェーの雰囲気での大一番で、大坂は「走らないといけない覚悟はできていた」と足を動かし、相手のパワーに負けず返球を続けた。第1セット第3ゲームでブレイクした直後。「いいリターンが来るのでサーブが大事」と気を引き締め直し、緩急やコースを使い分けて主導権を握った。全米オープン女子シングルス決勝で大坂に敗れたセリーナ・ウィリアムズの主審に対する抗議や、それを甘受した観客や大会関係者を米メディアが酷評。「全米テニスが大坂選手にしたことは恥ずべきことだ」などと批判する記事を一斉に掲載した。


ビートたけし&村上信五タッグの『FNS27時間テレビ』平均視聴率7.3% 歴代ワーストに

番組を作る上で全部を否定するようなことになってしまいますが、27時間も放送する必要があるのだろうか?と製作者に問いたい。水で薄めたような内容をだらだらと放送するのなら、2~3時間に凝縮した面白みのある番組にしてほしい。昔はなかったインターネットの普及などで、テレビを視聴する人間も大きく変化しています。そのことをまだ分かっていない上層部の影響がこのような失態を招くのではないでしょうか。日テレはジャニーズをゴリ押しする風潮がありますが、フジは同じような真似をしないでもらいたいです。特に、村上とたけしさんのトークの絡みは不快でした。村上の年長者を敬わない態度、コメントに中身もない薄っぺらな感じでチャンネルを他にしてしまいました。ツッコミもお笑い芸人ではないので三流以下です。ビートたけしさんの相方としては、所ジョージなどのそれなりの釣り合う大御所芸人を起用するべきだったと思います。若い世代を取り込むためにという工夫だったかもしれませんが、それにしてもひどくて視聴率が低いのも納得できます。

8日の午後6時30分から9日の午後9時54分まで放送された、フジテレビ系長編特別番組『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』の平均視聴率が7.3%だったことが10日、明らかになった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。昨年より内容を一新した際の8.5%、2016年に記録した歴代ワーストの7.7%を下回る結果となった。瞬間最高視聴率は9日午後6時56分に記録した15.4%で、コーナーは『サザエさん』だった。今回は「にほん人は何を食べてきたのか?」をテーマに据えて、昨年に引き続き総合司会はビートたけし、キャプテンは村上信五が担当。食のれきしサポーターに林修氏、食堂長にバカリズム、タビビトに上戸彩が起用され、テーマソングは関ジャニ∞の楽曲「今」だった。


就活ルール廃止 日商会頭は反対の意向「何らかのルール必要」

表面上はルールがあっても、それを違反したときの罰則が無いから守られていないのでしょう。法律ですら罰則がないと守らない会社があるのに、そこを自主規制なんてしたらなおさらかもしれません。廃止された場合、就活採用スタイルは大きく変わってくるのか注目です。一時的に企業間がライバル競争して採用スケジュールが忙しく前倒しになっていく流れになり、募集時期は早過ぎて就活生が集まらなくなることが予想されます。そのようなことを繰り替えしながら、業界によって違いはあるでしょうがある程度の部分で妥協しながら落ち着いていくかもしれません。企業はまるで素人みたいな一括採用をこの際、やめるべき時期に突入しているかもしれません。欲しい時期に、欲しい能力のある人材を採用すべきじゃないでしょうか。新卒の採用開始も大学を卒業後した後からにするべきです。大学4年は卒論・卒研などしなくてはいけないことが山積みなのに、そこに就職活動もしなくてはいけないのは酷な話です。

大企業の採用選考の解禁時期を定めた就職・採用活動ルールの廃止について、日本商工会議所の三村明夫会頭は6日、「何らかのルールがないと際限なく早まる」として、廃止には反対の意向を示した。視察先の福島県内で記者団の質問に答えた。経団連の就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」については、中西宏明会長が3日の記者会見で平成33年春入社の学生の選考から廃止したい考えを示し、経済同友会の小林喜光代表幹事も同調している。今後、政府や学生の学業への影響を懸念する大学も交え、協議が行われる見通しだ。